シェアオフィス、レンタルオフィスの特徴

シェアオフィス、レンタルオフィスには厳密な違いはありません。一般的に、シェアオフィスは、複数の会社がオープンスペースを共用するスタイルで、レンタルオフィスは1つのフロア、または建物内で、複数の企業がそれぞれ個室のオフィスを借りながら、会議室や休憩室を共用するスタイルになっていることが多いようです。
レンタルオフィスと賃貸オフィスとの違いは、レンタルオフィスでは机やキャビネットなどの備品がセットになっていること、インターネットや電気、ガスなどの契約を個別にしなくてもよい、といった点が挙げられます。レンタルオフィスやシェアオフィスの魅力は、初期投資が抑えられるだけではなく、契約と同時に、すぐに仕事を開始できる点です。
一方で、都市部では、1つのフロアを共有して、個人事業主やフリーで働いている人などが個々に仕事をするコワーキングスペースも増えています。コワーキングスペースの場合は、
その時限りの仕事場となりますが、シェアオフィス、レンタルオフィスは、オフィスとして住所を登録できる点が大きく違います。また、コワーキングスペースは、時間単位で借りることができるのに対し、シェアオフィス、レンタルオフィスは月単位での利用が多くなっています。